フリーエンジニアの将来性は?-Future of the Free Engineers-

将来性を考える前にまずはこれ。フリーエンジニアという生き方について考える

未来は自分で切り拓く!フリーエンジニアの将来性を語ろう

フリーエンジニアになるには?

フリーエンジニアになるには?

現代では、会社員として勤務するのではなく、フリーエンジニアという働き方を選ぶ人も多くなってきました。フリーエンジニアとして働く場合は、メリットとデメリットとがあるので、しっかりと理解しておくことが大切です。フリーエンジニアのメリットは、会社員のように経費が差し引かれないため、給料が高くなる点です。経費については自分で計算する必要がありますが、契約内容に気をつけて仕事をしていくことで、高い年収につなげることが可能です。また、どのような仕事をするかを自分で決めることができます。デメリットとしては、有給休暇・福利厚生などが整っていない点を挙げることができます。働いた分だけ報酬につながる形となっているのがフリーエンジニアの特徴で、収入が安定しなくなります。ボーナス・退職金も、会社勤めではないため、支払ってくれる企業がありません。次の仕事がすぐに見つかる保証がない点も、デメリットの1つです。

フリーエンジニアになるメリット・デメリット

会社から独立してフリーエンジニアになると、メリットとデメリットの両方を同時に味わうことになります。フリーエンジニアのメリットとして大きいのが、年収アップを実現できることです。自分の好きなペースで依頼を請け負えますし、クライアントと直接協議して報酬を決めることもできるので、サラリーマン時代より高年収を目指せるチャンスがあります。また、ビジネスとプライベートの時間を両立できるという魅力もあります。逆に、生活の保証がないという点がデメリットとして挙げられます。仕事はすべて自分で取ってこなければなりませんし、失業保険や退職金などの福利厚生も一切ありません。常に生活に不安がつきまといます。 フリーエンジニアになるメリット・デメリットの続きはこちら

フリーエンジニアと会社員エンジニアを比較

IT会社員として働くのとフリーエンジニアとして働くのとでは違いがあります。まず、給与額が定められている会社員は、仕事を頑張ってもその分収入が増えるわけではなく、また、会社の場合は指示されたことをこなすケースがほとんどで、どうしても受身体制となります。評価も個人としてではなく会社全体のものとなります。一方、フリーエンジニアは頑張りによって収入が変わってきます。また、目標が常に見える状態にあるため、それに向けて積極的に動きやすく、頑張れば評価も個人のものとなります。会社員はリストラや派遣切りのリスクがあり、フリーエンジニアは一定の契約責任を全て自分で負わなければならないデメリットがあります。 フリーエンジニアと会社員エンジニアを比較の続きはこちら

フリーエンジニアは断る力も必要

フリーエンジニアの最大のデメリットは、仕事の保証がないことです。現在進行しているプロジェクトが終了したら、もう次の仕事が来ないかもしれないという不安が常につきまといます。そのせいでクライアントの依頼を何でもかんでも引き受けてしまいたくなりますが、無理をすると体を壊す原因になってしまいます。時には相手の依頼を断ることも大切です。どうしてもクライアントの要求を断らなければならない時は、その理由をしっかり伝えて相手を不快にさせないように心がけましょう。また、可能であれば仕事の内容や納期などを協議して調節してもらうのも良いでしょう。 フリーエンジニアは断る力も必要の続きはこちら

フリーエンジニアになるなら「フリーランスの教科書」は必読

将来的に会社から独立してフリーランサーとして活動することを検討している方は、事前に個人事業主の生き方についてしっかり勉強しておくことが大切です。その際に役に立つのが、講談社発行の「フリーランスの教科書」という本です。この書籍にはフリーランスに関する様々な疑問点とその回答が掲載されており、初心者の方でもフリーランサーについて楽しく学ぶことができます。フリーランスの働き方から、確定申告の方法、法人化へのプロセスなど、たくさんの有益な情報が非常にわかりやすく解説されています。興味のある方は、ぜひご一読ください。 フリーエンジニアになるなら「フリーランスの教科書」は必読の続きはこちら

RECOMMEND TOPICS

フリーエンジニアと会社員エンジニアを比較

フリーエンジニアと正社員、派遣社員の働き方の違いを比べてみましょう。正社員、派遣社員が固定の給金で働くのと違い、個人事業主として働くフリーエンジニアは一つの案件ごとに報酬を得ます。その報酬はスキルや経験、貢献度に対する評価で決まるので本人次第で高収入が得られる可能性があります。仕事の実績に対し、会社員の場合は所属している会社の実績となりますが、フリーエンジニアは個人の実績となります。優秀なエンジニアほど「あなたのスキルを活用したい」と指名を受けることが多くなり、やりがいにつながります。組織の歯車として働くのではなく、報酬と評価が直結するため高いモチベーションを維持することが可能です。 詳しく読む

人脈形成で勘違いしてはいけないこと

豊富な人脈は強力な武器となる。これはビジネスマンならだれでも知っている原則です。そして、人脈を持っているかいないかは残酷なほど業務でシビアに現れてきます。重要人物にアポイントが取れるかとれないか、ここで発揮されるのが人脈の有り・無しです。人脈は簡単には手に入るものではなく、生き物のように増えたり減ったりするものです。そしてその人脈は自分を映す鏡なのです。多くの人と付き合うよりも質を重視し大切な人、信頼できる人を増やしていく必要があります。また、人脈というのは持っている人に集まり持っていない人には集まらないものです。 詳しく読む

フリーエンジニアの案件探しなら「レバテックフリーランス」

リーマンショックによって案件数は一時的に減ったものの、IT系案件は今また増加傾向にあります。しかし、だからといってのんびりはしていられません。フリーエンジニアとして案件を獲得していくには、2年後、3年後、今のスキルが通用するとは限らないという現実を見据え、将来を見越したスキルアップとキャリア構成を常に考えておく必要があります。自身をブラッシュアップしながら、安定的に仕事を獲得するルートを見つけることが大切です。フリーエンジニアの場合は、エンジニア専門エージェントを活用するのがもっとも効率的です。おすすめのエージェント「レバテックフリーランス」について紹介します。 詳しく読む

FEATURE TOPICS

フリーエンジニアは断る力も必要

フリーエンジニアは安定して仕事を受けることができないため、忙しい時でも声がかかれば、つい仕事を受けてしまいがちです。しかし、自分自身の許容量を超える場合は断ることも大切です。とは言え、クライアントからの仕事を断るのは心苦しいものです。そんな時は相手を不快な気持ちにさせない断り方が大切です。まず、引き受けたい気持ちをアピールし、お断りせざるをえない理由を述べ、クライアントに迷惑をかけてしまう可能性があることを誠実に伝えましょう。さらに「他にこういうことならできます」と代替案を提示、あるいはできることを伝えます。次の受注につなげるような断り方を覚えることが大切です。 詳しく読む

人は、人から刺激を受け成長する

日々、多くのフリーエンジニアと接してきましたが、成功しているフリーエンジニアには共通点があります。それは優れた「人脈」を持っているということです。人脈についての重要性は理解している方が多いと思いますが、その真の価値を理解している人は強いです。その真の価値とは、「人は常に人から刺激を受けることで成長する」ということです。新たな人脈形成が億劫で、つい慣れ親しんだ身内との関係性にとどまってしまうという人は、要注意です。常に人脈を広げたいという意識を持ち、情報収集をし、そこで出会った人たちを大切にしてください。人脈が人脈を広げるのです。 詳しく読む

フリーエンジニアがやるべき効率的営業法

フリーエンジニアの営業コストはばかになりません。営業は足で稼ぐとはいえ、すべてが自腹のフリーエンジニアにとって交通費は極力削りたい項目です。時間と費用、両方を最小限におさえて効率よく営業する方法を考えなければなりません。まず一つはブログで専門的な知識を発信することです。ブログは検索エンジンにヒットすること、また、閲覧する人は興味を持っており、声をかけてくる可能性を秘めているためブログでの営業は効果的です。次にセミナーを開催することも営業の一つです。ブログよりも効率は落ちますが潜在顧客を呼び寄せる効率的な手段になるでしょう。これはブログと同じく「役立つノウハウ」を提供し「売り」は最小限にとどめましょう。 詳しく読む

About me

フリーエンジニアとして独立して7年。2児の子を持つオヤジです。

フリーエンジニアの将来性は?-Future of the Free Engineers-

Copyright © 2015 フリーエンジニアの将来性は?-Future of the Free Engineers- All Rights Reserved.