フリーエンジニアの将来性は?-Future of the Free Engineers-

フリーエンジニアの将来性を考えようと思ったきっかけと、プロフィールを紹介します

未来は自分で切り拓く!フリーエンジニアの将来性を語ろう

サイト製作の背景

サイト製作の背景

プロフィール

新卒して入社したのは、Web制作会社のエンジニア。しばらくして、Web系システム会社にプログラマとして転職。数年の下積みの後、とあるベンチャー企業から声がかかり、2度目の転職。SEからPM業務をこなし、最終的には独立しました。もともと独立したい気持ちが強くあり、2度目の転職時にもその旨は伝えてあったため、退職も円満にすすみ、フリーになってからも下請け受注をこなしています。ちょうど独立した年に2人目の子を授かり、とにかく必死で走り続けました。ようやく落ち着いて速度をゆるめる気になれたのは独立後3年が経過した頃で、下の子供は3歳になっていました。
人との出会い、縁、運など、様々なものに支えられて、フリーエンジニアとしての生活は順調に軌道にのり、今はパートナーという立場で他のエンジニアに仕事をふれるところまで来ています。独立心は強かったものの法人化したいという意志はありませんでした。でも最近は次の目標として法人化を検討するようになりました。

サイト制作の背景

フリーエンジニア歴が長くになるにつれ、フリーエンジニア同士、横のつながりも広がりました。悲しいかな、自分はいつの間にか長老になってきています。少なからず何人かの若いフリーエンジニアが挫折して会社員に戻っていく様子を見ています。「会社員の方が性に合うみたいで」という判断で戻るエンジニアは良いのですが、悔しさを抱えながらやむを得ず会社員の世界に戻っていくエンジニアの姿には、後ろ髪をひかれるような思いになります。仕事を紹介したり、人脈を広げる手伝いをすることはできても、残念ながら資金面で行き詰ってしまった場合、助けてあげられることはありません。
フリーエンジニアになりたいという会社員エンジニアの相談を受けることもあるのですが、その時はそういう厳しい現実も話すようにしています。フリーエンジニアを目指すエンジニアは皆、今以上の収入や、より豊かな生活、場所や時間に縛られないもっと自分らしいライフスタイルなど、何か求めるものがあって会社員の世界を飛び出してきます。その求めるものを手にすることができるエンジニアと、できなかったエンジニアの違いはどこにあったのか。その分かれ目となりそうなポイントを、「フリーエンジニアの将来性」という基準で考え、整理することで、フリーエンジニアとして成功するヒントが見えるのではないかと考え、このサイトを立ち上げました。このサイトを見てくれたフリーエンジニアに何らかのヒントを感じ取ってもらえれば、とても嬉しく思います。

RECOMMEND TOPICS

フリーエンジニアと会社員エンジニアを比較

フリーエンジニアと正社員、派遣社員の働き方の違いを比べてみましょう。正社員、派遣社員が固定の給金で働くのと違い、個人事業主として働くフリーエンジニアは一つの案件ごとに報酬を得ます。その報酬はスキルや経験、貢献度に対する評価で決まるので本人次第で高収入が得られる可能性があります。仕事の実績に対し、会社員の場合は所属している会社の実績となりますが、フリーエンジニアは個人の実績となります。優秀なエンジニアほど「あなたのスキルを活用したい」と指名を受けることが多くなり、やりがいにつながります。組織の歯車として働くのではなく、報酬と評価が直結するため高いモチベーションを維持することが可能です。 詳しく読む

人脈形成で勘違いしてはいけないこと

豊富な人脈は強力な武器となる。これはビジネスマンならだれでも知っている原則です。そして、人脈を持っているかいないかは残酷なほど業務でシビアに現れてきます。重要人物にアポイントが取れるかとれないか、ここで発揮されるのが人脈の有り・無しです。人脈は簡単には手に入るものではなく、生き物のように増えたり減ったりするものです。そしてその人脈は自分を映す鏡なのです。多くの人と付き合うよりも質を重視し大切な人、信頼できる人を増やしていく必要があります。また、人脈というのは持っている人に集まり持っていない人には集まらないものです。 詳しく読む

フリーエンジニアの案件探しなら「レバテックフリーランス」

リーマンショックによって案件数は一時的に減ったものの、IT系案件は今また増加傾向にあります。しかし、だからといってのんびりはしていられません。フリーエンジニアとして案件を獲得していくには、2年後、3年後、今のスキルが通用するとは限らないという現実を見据え、将来を見越したスキルアップとキャリア構成を常に考えておく必要があります。自身をブラッシュアップしながら、安定的に仕事を獲得するルートを見つけることが大切です。フリーエンジニアの場合は、エンジニア専門エージェントを活用するのがもっとも効率的です。おすすめのエージェント「レバテックフリーランス」について紹介します。 詳しく読む

FEATURE TOPICS

フリーエンジニアは断る力も必要

フリーエンジニアは安定して仕事を受けることができないため、忙しい時でも声がかかれば、つい仕事を受けてしまいがちです。しかし、自分自身の許容量を超える場合は断ることも大切です。とは言え、クライアントからの仕事を断るのは心苦しいものです。そんな時は相手を不快な気持ちにさせない断り方が大切です。まず、引き受けたい気持ちをアピールし、お断りせざるをえない理由を述べ、クライアントに迷惑をかけてしまう可能性があることを誠実に伝えましょう。さらに「他にこういうことならできます」と代替案を提示、あるいはできることを伝えます。次の受注につなげるような断り方を覚えることが大切です。 詳しく読む

人は、人から刺激を受け成長する

日々、多くのフリーエンジニアと接してきましたが、成功しているフリーエンジニアには共通点があります。それは優れた「人脈」を持っているということです。人脈についての重要性は理解している方が多いと思いますが、その真の価値を理解している人は強いです。その真の価値とは、「人は常に人から刺激を受けることで成長する」ということです。新たな人脈形成が億劫で、つい慣れ親しんだ身内との関係性にとどまってしまうという人は、要注意です。常に人脈を広げたいという意識を持ち、情報収集をし、そこで出会った人たちを大切にしてください。人脈が人脈を広げるのです。 詳しく読む

フリーエンジニアがやるべき効率的営業法

フリーエンジニアの営業コストはばかになりません。営業は足で稼ぐとはいえ、すべてが自腹のフリーエンジニアにとって交通費は極力削りたい項目です。時間と費用、両方を最小限におさえて効率よく営業する方法を考えなければなりません。まず一つはブログで専門的な知識を発信することです。ブログは検索エンジンにヒットすること、また、閲覧する人は興味を持っており、声をかけてくる可能性を秘めているためブログでの営業は効果的です。次にセミナーを開催することも営業の一つです。ブログよりも効率は落ちますが潜在顧客を呼び寄せる効率的な手段になるでしょう。これはブログと同じく「役立つノウハウ」を提供し「売り」は最小限にとどめましょう。 詳しく読む

About me

フリーエンジニアとして独立して7年。2児の子を持つオヤジです。

フリーエンジニアの将来性は?-Future of the Free Engineers-

Copyright © 2015 フリーエンジニアの将来性は?-Future of the Free Engineers- All Rights Reserved.